読みたくなるブログの書き方

62bd10df9cc450472c78c16098682ba5_s

読んでもらえるブログを書くためには、伝わるブログを書くためには・・・

というノウハウはあちこちで書かれていますね。

でも、その理由をきちんとわかっているでしょうか?

理由がわからずにとりあえず言われたからやっている・・・

という方も多いのではないかと思い、読みたくなるブログの書き方とその理由、私の見解を書いていきたいと思います。

 

読みたくなるブログの書き方
〜ターゲットを明確にする〜


8c83a431f3de7729c713c935e86a24b2_s

 

誰に向けて伝えたいのか?

明確にしていますか?

人は、「自分に必要な情報」のみしか目や耳に入ってこないもの。

共感できる文章って

・えっ!? わたしのこと見てた?
・それ、わかる〜

って思ってもらえる文章のこと。

そう思ってもらう言葉は、誰に読んでもらいたいのかを明確にしないと出てこないのです。

 

読まれるブログの書き方
〜ターゲットの悩み・困りごとを・望みを言葉にする〜

919bef8573b9b72310ad641cdb25f994_s

 

・えっ!? わたしのこと見てた?
・それ、わかる〜

って思ってもらえるのは、その人の悩みやお困りごと、もしくはこんな風になりたいな〜と思っていることをズバリ言葉にしたとき。

最近わたしにヒットした言葉がコレ!

太ももが太くてお気に入りのパンツが穿けなかったあなたへ

 

このタイトルを見た瞬間に「はい、わたしです・・・」と記事を読み進めました。

 

ウエストや太ももが原因でジーンズなどが穿けない…そんな経験ありませんか?
なんともいえない悲しみに包まれますね…。

 

ホントにそう!
すごくショックで・・・

なんて感じで記事を読み進めていくわけですよ。

 

この記事では、太ももは脂肪ではなく、むくみが原因ということで、むくみを解消するためのエクササイズや食事のことを書いていました。

http://matome.naver.jp/odai/2138371415423272701

 

むくみを解消するためのエクササイズ&食事

を伝えたい時に提示すること・・・

 

■最近むくみが気になりませんか?

多くの方がこういうダイレクトな提示の仕方をします。

が・・・

むくみに気づいていない方もいらっしゃるのですよね。

わたしもそうだったし・・・

だから、

■太ももが太くなってお気に入りのパンツが履けないとお悩みではありませんか?

と言われる方がヒットするってわけです。

そしてその原因がむくみだということを記事の中で知るのです。

「なるほど〜」ってね。

 

専門家であるあなたの目線ではなく、ターゲットの悩みや困りごとをターゲットが使う言葉で書くということが、読まれるブログを書くためにとっても大事になってきます。

 

読みたくなるブログの書き方
〜あなたの商品・サービスを利用した結果をイメージさせる〜

94b26c4af5550722226adb46e6a87b4a_s

イメージさせる

ここがポイントです。

悩み・困りごとが解消された姿が想像できなければ、「欲しい」「やってみたい」って思わないのです。

人って意外と、ブログに書いていることを、文字通りにしか受け取らないもの。

■あ、それいいよね〜
■なんか楽しそうだな〜

って思ってもらえるように、たくさんの言葉を用意しなければいけないのです。

 

よくあるのが、癒し系のサービスをしている方が

「あなたのココロとカラダを癒します」
「疲れたカラダを癒しに来ませんか?」

ということを書いているケース。

これではなかなか伝わらないですよね。

 

入った瞬間からココロがリラックスできる、ローズの香りに包まれたプライベート空間。
オールハンドのやさしくあたたかいトリートメントに、多くの方が一瞬でお眠りになられます。
目がさめるとガッチガチだった肩がす〜っと楽になっていて自然と笑顔に!

上質な空間での眠りと解放されたカラダに、これまで悩んでいたことも小さく感じてしまう・・・
そんな時間を過ごしに来ませんか?

とかね・・・

とにかく読者であるターゲットにイメージしてもらうのです。

写真やイラストを入れるのもイメージしてもらうには効果的。

写真の使い方については↓↓も参考にしてくださいね。
ブログに写真を使う理由

 

まとめ

ブログを読んでもらえるかどうか、読んでくれた人が「欲しい!」「参加したい!」って思うかどうかは、

どれだけ読者がイメージできる言葉を用意するか

そして

その言葉でどれだけ読者をワクワクさせるか

で決まります。

一人で考えててもなかなかその言葉がでてこないときは、第三者に聞いてみるといいですね。

 

◼︎大阪でブログ講座情報は以下をクリックしてください!

◼︎ワードプレスで作るブログ&ホームページ作成講座はこちら↓↓

 

関連記事

集客ブログゼミ講座の様子

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る