読まれないブログの「あるある」その1

こんにちは☆
あなたの教室に200人生徒を増やす
「七つ星ブログ」づくり
七星奈津子(ななほしなつこ)です。

ターゲットを絞りなさい

ブログの講座や集客セミナーなどに行かれたことがある方なら、耳にタコができるほど言われる言葉だと思います。

 

でも、

「多くの人に読んで欲しいのに、ターゲット絞れってどういうこと?」
「私の商品(サービス)は20代も30代、60代にも使えるんやもん」

って思っていませんか?

私も思っていました。

英会話スクールを開設当初は。

 

でもね、溢れるぐらいたくさんある情報の中で、目につくもの、耳に残るもの、心に残るものは、

「えっ!?それって私のことやん」

って思ったこと=自分ごとだけなんです。

N112_sumafomotteodoroku500

20代~60代までをターゲットにしたブログだと、どうしても当たり障りのない言葉で書いてしまいませんか?

 

人が興味を持つのは「自分ごと」だけなんです。

自分の問題解決や快適アップに繋がる情報だからこそ、読んでくれるのです。

 

20代と60代、親子ほど年の離れた人が興味のあるモノ、問題と思っているコトは同じでしょうか?きっと違いますよね?

 

そうすると、20代から60代の全てのひとに書いたブログは、残念ながら「読まれない」という結果になってしまう訳なんです。

 

すべての人向けに書いたブログを読むのは、
*広告主
*ライバル
*広告会社の担当
だけと言われています。

 

 

そう言えば・・・・・

英会話スクール開設当初、フリーペーパーに広告を載せると電話をかけてくるのは、
「●●という雑誌に広告を載せませんか?」
「インターネットの検索順位を上げたいと思いませんか?」
という広告会社からの営業ばっかりだったなぁ苦笑い

 

あなたは「誰に」読んで欲しくてブログを書いていますか?

 

読まれないブログの「あるある」は

ターゲットが明確でない

です。

 

想いを売り上げに繋げる「集客ブログゼミ」
11月STARTクラスの募集を近日開始いたします!
もうしばらくお待ちくださ~いおんぷ

 

 

関連記事

集客ブログゼミ講座の様子

七星なつこをFacebookでフォロー

Facebookページ

カテゴリー

おすすめ記事

Ninja Tools

ページ上部へ戻る