仕事の本質は、目の前の人を幸せにすること

7d684ada3d61330e72e6af01a3c79062_s

フォーカスを変えてみませんか?

どんなときでもあなたはひとりしかいないから、表現はかならずユニークなものになる。あなたが拒めば、それはほかのどんな媒体を通しても存在することはなく、失われてしまうのです。

 

ある本の中に出てきた一節。

アメリカのモダンダンス開拓者、マーサ・グレアム氏の言葉だそうです。

この言葉を見て、ハッと我に返りました。

 

ここ最近、わたしは意識をフォーカスさせる方向を間違っていたな〜って・・・

ホントは、わたしの情報を待ってくれている人にフォーカスしなければいけないのに、そうでない人にフォーカスをしていたように思います。

 

私を好きって言ってくれてる人ではなく、私のこと好きでも嫌いでもない人、あるいは、どちらかというと嫌いという人に目を向けていたのです。

 

好きでも嫌いでもない人に嫌われないように遠慮してた。

どちらかというと嫌いという人に「嫌い」って言われないように遠慮してた。

 

ほんとは、私のこと好きって言ってくれてる人にフォーカスして、その人にもっともっと好きになってもらえるようにしなければいけないのに・・・

そうしなければ、せっかく私のこと好きって言ってくれてる人も、他の人を好きになっちゃうかもしれないのに・・・

2c3731dc08f23e6289162d4fc22c1c9a_s

 

 

何が言いたいかと言うと・・・

「発信」のことです。

 

私からの情報を待ってくれている人に向けて、その方が今よりもっともっと幸せになるために、できるだけの情報を発信しなければいけないのに、私は「別にどうでもいいわ」って人にフォーカスし、「こんなに毎日発信したらうざいかな〜」「また?って思われないかな〜」って遠慮し、発信ができずにいたのです。

 

これって、私の情報を待ってくれている人にすごく失礼な話ですよね?

ごめんなさい。

 

仕事の本質は、目の前の人を幸せにすることだと思っています。

 

わたしは、ブログが多くの人の目にふれ、ファンを増やし、そのファンの方を幸せにすることの対価として売上げが上がっていくことを望む人に向けて情報を発信しなければいけないのです。

それが私の仕事なのです。

 

わたしが発信しないと、ファンがもっともっと増えるブログを書きたいと願っている人にとって大きな損失になる。

このことを上記のマーサ・グレアム氏の言葉で改めて気づき、反省したのです。

たった一人でも、待ってくれている人にフォーカスしなければ!

 

あなたはどうですか?

わたしと同じように、その他大勢の人に「嫌われたくない」という思いから、発信を遠慮しているようなことはありませんか?

 

もしそうであれば、あたなが発信しないこと、もしくは、発信するための適切な方法を知らないことは、あたなからの情報、あなたの言葉を待っている誰かにとって大きな損失になっているということを認識してくださいね。

 

たった一人でもいい。

あなたからの情報、あなたの言葉を待っている人のために発信することを私と一緒に誓いませんか?

そして発信の適切な方法を学びませんか?

 

 

 

 あなたのブログを愛ある営業マンに変身させる7つ星ブログ

10日間無料メール講座
集客ブログゼミ
ものすごく人を惹き付け記憶に残るブログカスタマイズ
集客ブログづくり個別サポート
お問い合わせ

集客ブログゼミ

■講座開催場所
eSQUARED(イースクエアード)セミナールーム
大阪市中央区平野町3-1-8 プロスパー平野町ビル902
地下鉄・京阪淀屋橋駅、地下鉄北浜駅からのアクセスは↓
http://ameblo.jp/7natsu5/entry-11769301355.html

 

関連記事

集客ブログゼミ講座の様子

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る