ブログにおける記事タイトルの役目とは

こんにちは^^
あなたの教室に200人生徒を増やす
「七つ星ブログ」づくり
七星奈津子(ななほしなつこ)です。

私は、セミナーや講座でいつも

記事タイトル(ヘッドライン)は記事本文以上に力を入れて言葉を考えてくださいね。

と言っています。

それは、記事タイトルは、次に続く本文を読んでもらうための橋渡しの役目をしているからです。

読者の興味・感心を引くような言葉が求められているのです。

・なんか面白そう
・どういうこと?
・なんか気になる

という風に思わせなくてはいけないんですよ。

ベストセラー作家、ディーン・R・クーンツの
『ベストセラー小説の書き方』
というほんの中に

「君の本が第一ページでこの読者をとらえそこなったら、彼はそれを棚にもどし、別の作家の小説を買うことになるだろう」

ということを書いています。

出だしで読者の心をつかむことができないと読まれない。
だから、最初のページで読者の感心を強く引かなければダメだ。

ということです。

C785_tumikasanattayousyo500

この「第一ページ」というのが、ブログにおいての【記事タイトル】にあたります。

記事タイトルで読者の興味をとらえなかったら、すぐにぼつボタンを押され、他の人の記事=ライバルの記事を見に行くことになるのです。

全ては記事タイトルで決まる

といっても過言ではありませんよ。

関連記事

集客ブログゼミ講座の様子

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る