「来てね」じゃなくて、「誰をHappyにできるか」

こんにちは☆
あなたの教室に200人生徒を増やす「七つ星ブログ」の作り方
七星奈津子(ななほしなつこ)です。

ブログって長文になると読んでもらえないのでしょうか?

o0319025912307828612

 

という質問を先日うけました。

もちろんダラダラと書いた無駄に長い文章は読んでもらえません。
簡潔に書くのが一番。

でも、簡潔に書くのと、言葉を短縮して書くのとは違います。

o0481031912303775389

 

特に告知文章。

要点をまとめて簡潔に書くことは必須。

でも、言葉を短縮してしまうと、相手に伝わりません。

あなたがイベントをするときに告知文をブログで作成するとしましょう。

その時に、

●●で■■のイベントしま~す。
イベントだけの特別価格でお試しできま~す。
お友達誘って来てね~♪♪☆

だけでは来てくれません。
来てくれたとしても、それは「価格」だけ見て来てくれた人。

それではいつまでたっても特別価格でしか人を集めることができません。

お客様が喜ぶのは価格を下げることだけですか?
価格以上のサービスを提供することでお客様を満足させることはできませんか?

告知文には、
チェックあなたは、どんな人にどうなって欲しいと思っていますか?
チェックあなたのサービスを受けることでお客様が得られるメリットは何ですか?
チェックあなたがお客様にできるコミットは?
等々・・・・

お客様が「この人のイベントに行けば(サービスを受ければ)こんな風になれるんだ~」って想像できるような文章を書く必要があるんです。

当然文章は若干長くなってしまうでしょう。
でもそこを短縮しては、あなたの「想い」はお客様には伝わりません。

o0800053612301010730

 

お客様もいろいろ見てるんですよ。
あなただけが、サービスを提供しているわけではありません。

いろんな人がサービスを提供している中で「この人!」って思ってもらえるようにブログは書いていかなければいけません。

あなたの書いたブログを「長い」と思う人は、そもそもあなたの商品やサービスに興味がないのです。興味がない人に合わせてブログを書く必要はありません。

少しでも興味を持っている人なら、あなたの想いが綴られたブログは長いなんて思わずに読んでくれます。

価格競争になってしまわないためにも、
あなたが一番Happyにしてあげたい人のために、一生懸命その「想い」を綴りましょうよ☆

a0001_014353

 

 

初心者でもできる!生徒が集まるブログづくり6つのポイント
無料メール講座「生徒が集まるブログの作り方」
ブログを中心としたWeb集客個別サポート
最幸のあなたを表現するカスタマイズ【ブログイメージ戦略】
ワンポイントブログアドバイス
 

 

関連記事

集客ブログゼミ講座の様子

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る